『お金を稼ぐ方法』成功者のたった1つのシンプルな習慣と考え方

MAX86_blackman20150207113806_TP_V

 

あなたの周りにいる『お金を稼いでいるひと』『夢を実現させたひと』『成功者

 

『なぜあの人が?』いったいどこが違うのでしょうか。

 

成功している人が例外なく実践している1つの習慣があります。

 

それが『言い訳をしないこと』です。

たったこれだけのシンプルな考え方ですが効果は絶大です。

 

むしろ言い訳さえしなければ成功できます。

それほど大切なことなのです。

 

しかしあなたの周りは『言い訳』で埋め尽くされています。

なぜ人は言い訳してしまうのでしょうか?

 

そしてやりたいこと、やるべきことがあるのに実践できないのでしょうか?

 

そんな日本人の性分とも言える『言い訳』について考えてみたいと思います。

 

まだやりたいことが見つかっていないひとはやりたいことを見るける3つの方法からご覧ください。

 

言えば稼げない『言い訳』の種類

0I9A117615030116sonnawakenai-thumb-1000xauto-19524

 

・お金がないから

・時間がないから

・才能がないから

・やり方が分からないから

 

これすべて『稼げないひと』の典型的な言い訳です。

これを言っているうちは『稼げない』と断言できます。

 

反対にこの言い訳すらしなければ、ほとんど成功していると言えます。

 

あとは時間の問題です。

それぞれの言い訳の理由と対策を詳しく見ていきたいと思います。

 

『お金がない』という言い訳と改善方法

YUKI_kodomookane15144623_TP_V

 

何かを始めるときに『お金がないとできない』と考えているひとは非常に多い。

確かに起業したり何かを始めるためにはある程度の資金は必要です。

 

けれど、お金を集める方法なんて簡単です。

 

とある知人が不動産で莫大な富を築きました。

もちろん元手も資金もありませんでした。

 

なけなしのお金を銀行から借り、150万円のワンルームからスタート。

今では大型ビルを複数所有するオーナーです。

 

私もビジネスを始めるとき、

『お金なし』『人脈なし』『経験なし』と三拍子揃っていましたが、

日本政策金融公庫から融資を得てスタートしました。

 

お金を手に入れることはとっても簡単です。

 

もともとお金は存在していませんでした。

『信用』と『信用』で取引していたのです。

でもそれってめちゃくちゃ面倒ですよね。

 

そんな複雑な信用を単純化したツールが『お金』です。

『信用』があれば『お金』は簡単に手に入ります。

 

いやいや、そもそも信用がないんだけど・・・・

これは当然です。みんなそうです。

信用は『作れ』ばいいのです。

 

例えば

・『長く勤めた経験』も信用

・『一生懸命取り組んでいる姿を家族や友人に見せる』のも信用

 

『信用』さえあれば、お金は借りられます。

 

お金は借りたくないし、信用もできない』というひとは、

自分で資金を作ることも簡単にできます。

 

例えば元手がほとんどいらないビジネスは、

アフィリエイトであったり、輸入ビジネス、転売、オークション・・・などなど、

手段はたくさんあります。

 

『ネットビジネスは稼げない』そんなネガティブな意見に左右されてしまって、

実行できないひとはたくさんいますが、実際にやれば『ちゃんと稼げます』

 

信用があるほうが、早く多くのお金を稼げますが、

信用がなくても今の時代はお金を稼げます。

 

稼ぐ方法をググったらすぐに実行してみる。

たったこれだけである程度の資金は稼げます。

 

『お金がない』というのはただの言い訳です。

信用すら必要なくお金を集められる世の中なのですから。

 

『時間がない』という言い訳と対策

WEB86_bonatatata20150207124429_TP_V1

 

第一、時間はみんなに平等だ。

成功する人には時間があって、成功しない人には時間がない、

なんてことは当然ながら、ない。

「時間がない」というのは、

それをはじめると今やっている何かをやめなければならないが、それができない」ということなのだろう。

 

しかし、世の中はトレードオフだ。

時間がないなら、どちらかに決めなければならない。

むしろ、「何かを始めるなら、何かを捨てなければならない」ということは、

当たり前のことだと知っておくことだ。

『本音で生きる』 堀江貴文

 

この境遇にいるひとは非常に多いのではないのでしょうか。

私も同じ事例を経験しています。

 

今の会社に不満を持っているひとと一緒に起業したときの話です。

その人物は起業したにもかかわらず、満足に仕事をしません。

質の問題ではなく、そもそもの量が足りていないのです。

 

理由を追求してみると、

『家族や自分だけの時間も大切』だというわけです。

自分のゆっくりとする時間も確保しつつ、新しいビジネスでも成功して稼ぎたいそうです。

 

でも、そんなことができる人はいません。

稼いでから家族の時間や自分の時間を増やすことはできます。

 

けれど何か新しいことに挑戦するとき、起業するときは、

それ以外の時間を犠牲にしなければなりません。

 

そこまで極端に時間を使えなければ、稼げるわけがありません。

みんな分かっているはずです。

 

それでも『何かを捨てること』ができないと言うのであれば、

それはその人にとっては今の生活を望んでいるということ。

何かと文句を言わずに、今の生活を受け入れることです。

 

それが嫌なのであれば、

『何を捨てるか』明確に決めて新しいことに取り組まなければなりません。

 

むしろ思い切って『先に何かを辞めてみる』ことも大切です。

すると空いた時間に勝手に何かが入ってきます。

 

『才能がない』という言い訳と対策

DEBU85_kuchiki15173357-thumb-autox1500-15884

 

ある業界では『才能』は必要です。

例えばボーカリスト・歌手。

声質は変えられません。これは生まれながらの才能です。

 

例えばイチロー選手も松井選手も、

最初から野球の才能あると分かって野球を始めたわけではない。

 

まだ10歳以下の頃から、

遊ぶ時間を犠牲にしてまで毎日素振りをしてきた。

 

誰よりも多くバットを振っている』のです。

 

ネット業界で言えば、ヒカキンさんも同じです。

誰よりも多くの動画を作ってきたからこそ、今の地位を築いています。

 

 

才能なんて、やってみないと、

自分にあるかないかなんてわからないのではないだろうか。

やりもしないで「自分には才能がない」と言って

最初から諦めてしまう人が、どれだけいることか。

『本音で生きる』 堀江貴文

正直、体格や声質が必要な職業以外は、

才能なんて一切なくても稼ぐことができます。

 

そもそも、稼いでいるひとでもともと才能があったひとなんているのでしょうか。

 

『やり方がわからない』という言い訳と対策

PAK93_katahijidadon20140322-thumb-autox1500-17237

 

やり方なんてそもそもない!

 

何か新しいことを始めるとき、

稼ぎたいと考えて何か新しいビジネスに挑戦するとき、

やり方なんて最初から分かるわけない!』のです。

 

大体「やり方がわからないからできない」と言う人ほど、

「それをやるためのコツはないですか?」と聞いてくる。

 

はっきりいって、そんなものは、ない。

ただ努力すること、努力を続けること。

『本音で生きる』 堀江貴文

 

何かを始めるときに、無駄な努力をしたくないのは分かる。

結果がでるかも分からないことに、ひたすら続けるのは辛いから。

なるべく効率よく、簡単に、楽して稼ぎたい。

 

最初からそれができれば一番いいのだけれど、

そんな方法はこの世の中には存在しません。

 

ネットの勧誘広告みたいに『楽して100万円』みたいなものに騙されてはダメです。

 

堀江貴文さんを始め、孫正義さん、稲盛和夫さん

日本を牽引するとてつもない経営者たちの行動を見ていると、それがよく理解できます。

 

『なんであんなにすごいことができるのかな?』『きっと頭が良くて才能があるのだろう』

なんて考えてしまいがちです。

 

そんな時にハッとした堀江貴文さんの発言があります。

結局、泥臭いやり方をしているんですよ。なんにせよ。

 

この一言に尽きます。

 

それでも稼げない人は『量』が足りていないだけ!

WEB86_bonpower20150207120628_TP_V

 

稼げない人の理由の9割以上は『量』の問題と言っても過言ではありません。

『質やコツ』を知りたがりますが、一番大切なのは『量』をこなすことです。

 

質が高くてコツがあって量をこなせるのではなく、

極端な量』をこなして初めて『コツ』をつかめます。

そうなって初めて『稼げる』状態になるのです。

 

日本人の好きな言葉に『ワークライフバランス』というものがあります。

私が以前勤めていた会社もこの言葉を大切にしていました。

実際は『ワーク、ワーク、ワーク』でライフの方は完全に放置されていましたが・・・・・

 

稼ぐための一番簡単な方法は、『バランスを取らないこと』です。

これは多くの起業家が言っていますが、この考え方は根底になければなりません。

 

バランスを取るってどういうことか?

『家庭も大切にして、休みの日は映画も見て、昼寝もたっぷりとして、

かつ仕事もしてたくさん稼げるようになりたい』と・・・・・・

 

いずれはできるようになるでしょうが、最初からこれは『不可能』です。

 

特に新しいことを始めるときや、今までの何倍も稼ごうと思ったらなおさらです。

 

バランスよくする=なにごともほどほどに=中途半端で稼げない

 

 

みんな『考え方がズルい』のです。

 

野球選手も起業家もミュージシャンも、成功している人はみんな同じです。

誰よりも多く、有無を言わせない量をこなしています

 

会社の中にいる『できる人』も、周りにいる『お金をたくさん稼いでいるひと』も同じ。

例外なく誰よりも多くの量をこなしています。

 

だからこそ質が高いしコツをつかめているのです。

とにかく『量』を意識して、その仕事のことを四六時中考えて思考を埋めること。

 

アイデアや新しい発見はそんななかから生まれます。

 

 

いたってシンプル、『誰よりもやれば誰よりも稼げる』のです。

 

楽したいのなら、遊んで暮らしたいのなら、

それは成功してお金を稼いでからいくらでもできます。

 

そして『情報』に関しても量がものを言います。

どれだけ質の高い情報を得るかを考えるのではなく、とにかくたくさんの情報を得ること。

 

その量をこなしていれば、いい情報も見分けられるし、

ビジネスのアイデアを見つけることも難しくありません。

 

今の時代で特に成功する傾向にあるのは『行動力がある人』だと断言できます。

 

才能やアイデアや質やコツは全く必要ありません。

ノリが良くてすぐに行動する『バカの資質』が大切です。

 

このなかから1つでも当てはまる人は改善してみてください。

こんなシンプルなことでも、結果は大きく変わります。

 

※追記 部屋全体をあなたの考え方で染めるのも1つの手。

AME_3J0A2466_TP_V

 

ここまで、成功するには、稼ぐには、どれだけ考え方が大切かをお伝えしてきました。

考え方があなたの行動を作り、結果を生むためです。

この考え方さえ『成功者の考え方』になっていれば、あとは成功は時間の問題です。

 

『稼ぐための考え方、成功するための考え方』を知っていても、継続しないと言う人もいます。

それは、その考え方が身にしみていないためです。

骨の髄まで考え方が染み込んで始めて使えるようになるのです。

 

言葉のウォールステッカーを使えば、より確実に大切な考え方を身につけられます。

 

ついでにお部屋のインテリアまで楽しんでしまえば、もうこっちのもの♪

毎日エネルギッシュな言葉と共にしていることで、あなたの行動も確実に変わります。

もちろん、その行動による結果がで始めれば、さらに楽しくなりますね。